虹と地球

ペット治療

カテゴリ一 記事一覧

2月の真冬,ワンちゃんがもう2週間ほど横たわったまま歩けない状態,激しい呼吸でなんとか息をし,毛は固くゴワゴワと固くなり,お腹は固くパンパンに膨張していました。ヒーリングを始めて30分程で,呼吸が落ち着き,毛が柔らかくなってきました。お腹の張りも緩み始め,牛や馬の出産時の赤ちゃんのようにヨレヨレですが立ち上がろうと始めたのです。ヒーリングの翌日散歩に行けるようになりました!

Nさんのお家のワンちゃん。Nさんが働いている施設で飼われていたワンちゃんで,施設

犬ワンコ14才♂肝臓・膵臓・副腎が癌だらけでもう手の施しようがない、余命は早くて1か月、最高で6か月と言われ、5月にはヨレヨレになって今にも死にそうな雰囲気に。藁をもすがる思いでヒーリングを受け、食欲も出て、何といってもお腹の腫瘍を触ってみると固かったのが柔らかく小さくなってお腹から浮いている感じに。白内障も少し良くなって顔もハッキリしてきました。お散歩もしっかりねだられて1時間くらい歩きます!

我が家ののふうちゃん(ワンコ14歳♂MIX)の左わき腹にコロッとし

9歳のウサギが3か月くらい前から急に左後ろ脚が動きにくくなり、時々ピンと伸びた状態のままになってしまい困っていましたが、一回のヒーリングでグタ~っとしていた足に力が入ったようでたどたどしくではりますが、本来のウサギらしくピョンピョンはねることができるようになりました!

ウサギの9才というと結構長生きで、それでも何の不調もなかったのですが、3か月くら